由緒・ご祭神・ご神徳・境内のご案内

由緒

当社の歴史

 神武天皇の御世、諏訪大社のご祭神、武御名方富命が当地に三輪明神を祀られたと伝えられます。

三輪神社のご本社は、奈良県桜井市に鎮座する大神神社(おおみわじんじゃ)ですが、上記のとおり古代にこちらからご神体を分霊されたものと考えられます。

ご祭神は、大物主大神(おおものぬしのおおかみ)、またの御名を大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)と申し上げています。当地ではダイコクさまとして広く信仰されております。

 

 この時移り来た三輪族の人々は、農耕に従い美しい農耕地を開発しました。三輪族は古代の近畿中部地方に大きく勢力を誇った豪族で、美濃の地域には三輪郷、三輪氏、三輪神社など、三輪(美和、大神)という地名や人名などが多く残されています。

 

当社はこの地を開拓した、三輪族によって祀られたと云われています。

現在は揖斐郡揖斐川町三輪ですが、かつては大野郡大神郷(おおみわごう)と云われ、奈良時代にはミワの名称が確認できます。

 この地に残る、口分田の跡や、続日本紀に記述される三輪氏の八蹄馬献上の記録からも、三輪の地の歴史を見ることができます。

 

中世の神仏習合時代に入ると、三輪神社は天台宗の守護神として、広く崇敬を集めました。記録には、天台宗の開祖 伝教大師(最澄)がこの地に参り、三輪の性の人々に案内され、谷汲横蔵寺を創設されたという記録が残っています。(比叡山が信長によって戦災焼失した後本山復興の為、この寺のご神像が遷されています。)

また、谷汲華厳寺(西国三十三番参所)の仏僧も、神仏が分離する明治維新まで、当社の拝殿で大般若経を毎年拝読しました。当社には、このときに奏上された南北朝時代の手書きの大般若経が残されております。

 

かつては城台山(播隆山)の中腹にあった社殿を、戦国時代、当時領主だった堀池千代寿丸が、現在の山麓の地に移しました。

その後は、江戸時代初期には西尾豊後守光教による大規模な改築が行われ、その後の岡田家をはじめとする歴代の領主から厚い崇敬を受け境内は次第に拡充され現在の形になりました。

 

昭和14年には社格(国が神社を管理していた頃の神社の格式〈官幣社・国弊社・府県社・郷社・村社・無格社の順〉)揖斐郡唯一の県社に昇格し、近隣の総社として崇められてきました。

ご神徳

幸せのご縁を結ぶダイコクさま

三輪神社のご祭神は大物主大神(おおものぬしのおおかみ)です。

この神様は出雲大社のダイコク様と同じ神様で、万の縁を結ぶムスビの神様です。それは男女の縁だけでなく、人と人、物と物、人と物などあらゆる縁を結ぶ霊力の強い神様です。

 

また、古事記、日本書紀などの文献には、日本を開拓した国造りの神様として、ダイコク様の活躍が一番多く登場します。

 

そのご神徳は、縁結び、厄除け、家内安全、交通安全、病気平癒、方位除けの他に、地鎮祭、起工式など建設関係にも縁深く、人々の生活全般多岐に関わっています。

 

ご祈祷をご希望の方はご祈祷案内をご覧ください。

 

境内

境内の配置図は別ページにてご覧下さい。

約4000坪の境内に大樹が繁茂しています。

本殿裏は播隆山(ばんりゅうさん)の麓に当たり、かつてはこの山の中腹に本殿が鎮座していました。1500年中頃に現在に地に遷りました。

境内には、本殿、拝殿、社務所、舞殿、神輿倉、校倉、各境内社(神明神社、春日神社、厳島神社、三霊神社)が配置されます。

参拝の方々は三輪鳥居から参道を進まれると、神橋を渡って拝殿本殿を参拝された後に、各境内社を巡拝されます。