境内

約4000坪の境内に大樹が繁茂しています。
本殿裏は播隆山(ばんりゅうさん)の麓に当たり、かつてはこの山の中腹に本殿が鎮座していました。1500年中頃に現在に地に遷りました。
境内には、本殿、拝殿、社務所、舞殿、神輿倉、校倉、各境内社(神明神社、春日神社、厳島神社、三霊神社)が配置されます。
参拝の方々は三輪鳥居から参道を進まれると、神橋を渡って拝殿本殿を参拝された後に、各境内社を巡拝されます。

境内の案内図

絵をクリックすると大きな絵が見られます。
スマートフォンの場合はピンチアウトで拡大してご覧ください。

境内の案内図

①本 殿(ほんでん)
②拝 殿(はいでん)
③鳥 居(とりい)
④舞 殿(ぶでん)
⑤神輿庫(みこしぐら)
⑥社務所(しゃむしょ)
⑦校 倉(あぜくら)
⑧神明神社(しんめいじんじゃ)
⑨春日神社(かずがじんじゃ)

⑩厳島神社(いつくしまじんじゃ)
⑪三霊神社(さんれいじんじゃ)
⑫忠魂碑(ちゅうこんひ)
⑬本殿跡地(ほんでんあとち)
⑭手水舎(てみずしゃ)
⑮駐車場(ちゅうしゃじょう)
⑯裏参道(うらさんどう)
⑰隣 池(となりいけ)

境内の様子

previous arrow
next arrow
ArrowArrow
Slider